北海道で暮らすうえで一番大変なことは頻繁にある除雪作業

北海道で暮らすうえで一番大変なことは頻繁にある除雪作業

北海道は豪雪地帯ですので、冬場は頻繁に除雪しなければいけません。これが北海道で暮らすうえで一番大変なことです。

 

 

除雪はなかなか大変な作業で、力もいりますので、毎日行うのは大変です。しかし、除雪をしておかなければ、雪で家がつぶされる可能性もありますので、必ずしておかなければいけないことなのです。では、除雪には何を使えばいいのでしょうか。一般的なイメージだと、スコップを想像するかもしれません。庭作業のスコップでもいいのですが、これは軽くないので、庭作業用の鉄製のスコップでは疲れてしまいます。

 

 

そこで、除雪用のスコップを使用しましょう。除雪用のスコップでは、プラスチック製がありますので、扱いが簡単で、年配の方でも力を入れずに使用することができます。また、除雪では雪を運ぶだけでなく、ブルドーザーのように押し出す作業もあります。押し出す機械があればいいのですが、これは高価なものなので、一般の家庭で購入することは難しいのです。

 

 

一般の家庭では、スコップのような形をしたラッセルを使用することで、簡単に雪を押し出すことができます。これを使用すると、押し出す作業も力を入れずに運ぶことができます。除雪は基本的に、積もってくるとすぐに行うことが重要です。雪が降り積もり、硬くなってしまえばそれだけ除雪も大変になります。このような硬い雪ではプラスチックの道具ではどうしようもありませんので、鉄製のスコップなどで砕いてから除雪するしかありません。

 

 

これは大変疲れますので、雪が固まってしまう前に運ぶことがいいでしょう。雪を解かす薬もありますが、確実に解けるわけではなく、時間もかかりますので、やはり頻繁に除雪をすることが、一番楽な方法と言えます。もし除雪をしておかないと、雪で家が押しつぶされることもありますが、玄関前に雪が積もってしまうと扉を開けることができず、外に出られないという事態になってしまいますので、注意しなければいけません。