妊娠中に便秘になってしまう理由と効果的な解消法とは?

妊娠中に便秘になってしまう理由と効果的な解消法とは?

妊娠中のマイナートラブルで多いものの一つとしては、便秘が挙げられます。

 

 

もともと女性は男性に比べて筋肉量が少なかったり、腸の蠕動運動を抑えてしまう黄体ホルモン(女性ホルモンのひとつ)などの影響により便秘をしやすいもの。
妊娠前は便秘とは無縁だった、という人でも妊娠時には便秘に悩んだという人は少なくないのです。

 

 

特に便秘が起こりやすい時期は妊娠初期ですが、その原因はやはり女性ホルモンの影響によるものです。

 

 

妊娠すると、子宮内の状態を整えてくれる黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されるのですが、このホルモンは子宮の伸縮を抑制させるはたらきがあるために腸の働きにも影響を及ぼし、その結果腸の蠕動運動が抑えられて便秘になりやすくなってしまうのです。
また、妊娠するとどうしてもお腹を気遣って体を動かさなくなる傾向がありますが、それも便秘を助長してしまうと考えられます。
妊娠時の便秘の際は市販の便秘薬は使えませんので、薬に頼らずに解消する方法を試す必要がありますね。

 

 

解消法の一つとして挙げられるのは、まずは水分をしっかり摂るということです。

 

 

どのような便秘でも水分を摂ることは大事なのですが、特に妊婦の場合はお腹の赤ちゃんのために水分が必要になりますから水分不足になってしまいがちです。
水を飲みすぎると太る…というようなイメージがありますが、水太りと言うのは実際はありません。目標としては1日1.5リットル程度の水は飲むようにしたいものです。

 

ただ、塩分の摂取量が多いとむくみの原因になってしまうので、その点は注意は必要です。

 

 

また、適度な運動も便秘解消には効果的。

 

 

妊娠がわかると、何かあったら心配だからとあまり動かなくなってしまう人も多いものですが、それでは便秘を助長してしまいます。
ウォーキングをしたり軽いストレッチをするなど、適度に体を動かす習慣というのは妊娠してからもぜひ続けたいものです。

 

 

ジャンプをしたり人とぶつかったりするような激しいスポーツでなければ、妊娠前から継続していた運動は中止する必要はないとされています。念のため、産婦人科の先生に相談してから運動するようにしてくださいね。