野菜や果物を食べなければならない理由を考えたことはありますか

野菜や果物を食べなければならない理由を考えたことはありますか

野菜や果物を摂取することの重要性が語られています。

 

あなたは、野菜や果物を食べなければならない理由を考えたことはありますか。野菜や果物にはビタミンが豊富に含まれています。緑黄色野菜、淡色野菜、かんきつ類など、種類によって含まれているビタミンは違います。しかし、どのビタミン摂取も人の体にとって、とても重要です。

 

 

その理由は、人間の体内でビタミンを作ることはできないからです。

 

 

不要な油分や老廃物などが蓄積すると、内臓などの機能が低下します。加齢ととも、その傾向はさらに強まります。機械に例えると、金属の「サビ」による、機能低下と言えそうです。ビタミンCは、抗酸化作用に優れているので、疲労回復や風邪を予防し、また肌をみずみずしくしてくれます。

 

その他のビタミン類も眼球疲労を緩和したり、カルシュウムの吸収を促進してくれたり、人の体にとって大きく貢献しています。ビタミンだけではなく、野菜や果物には多くの繊維質が含まれています。繊維には腸の働きを促す役割があります。便秘にお悩みの方は、繊維質を積極的にとることで整腸してみてはいかがでしょうか。科学的にも色々な研究がすすめられています。野菜や果物の効果は、医学的にも研究・発表されています。ウドは血液をサラサラにするという研究レポートがありました。

 

 

また、ブロッコリーは解毒作用があると言われています。柿は二日酔いの予防・解消に効くことも有名な話です。日本には古くから野菜や果物にまつわる習慣があります。お正月にみかんを食べる習慣。また冬至と言えばかぼちゃです。みかんは、ビタミン不足になりがちな冬の貴重なビタミン源。風邪予防の優等生です。

 

 

古くから言われ続けられてきた習慣は、科学的根拠に裏付けられています。先人の知恵は素晴らしいですな。「健康でありたい」という願いは、いつの時代も共通です。野菜や果物に感謝しながら、美味しく食べて、そして健康ライフの謳歌!まさしく天の恵みです。