70%〜80%の割合で産み分けられる方法

70%〜80%の割合で産み分けられる方法

赤ちゃんは授かりものです、どちらが生まれても健康ならそれでいい、確かにそうなんです。

 

でも男の子が欲しい、女の子が欲しいと希望は持つものですよね。
今回、確実に希望する性別が生まれるとは言えませんが、産み分け法を知り実践した結果、70%〜80%の割合で産み分けられる方法を1つご紹介します。

 

性別はどうやって決まる?

 

それは、卵子に受精した精子の種類によって決まります。
卵子はX染色体を精子はX染色体またはY染色体をそれぞれ持っています、X染色体の精子が卵子と一緒になるとXX染色体となり女の子の細胞が強い染色体によって『女の子』が生まれ、男の子はY染色体が卵子と一緒になるとXY染色体となり男の子が生まれます、つまり精子の状態によって性別が決まるのです。
今回は女の子編で話を進めるので『XX染色体』の精子の状態についてお話します。

 

女の子を希望する場合、卵子のいるお部屋にX染色体を届ける必要があります、ではX染色体の特徴はなんでしょうか?

 

  • 動きがゆっくり
  • 精子の寿命が2・3日である
  • Y染色体よりも少ない
  • 酸性に強いがアルカリ性には弱い

 

特徴が分かったところで、次に産み分けするのに必要なことは排卵日。

 

 

排卵日より前?後?

 

  • 女性の膣内は基本酸性です、しかし排卵日の膣内は酸性度が最も弱い時期でアルカリ性になる特徴があります。
  • 酸性に強いX染色体を多く残し卵子の元へ届けるためには、排卵日の2日前が性交のタイミングになります。
  • X染色体は寿命が長いので排卵日より前に性交しておけば排卵当日にX染色体が多く残っている可能性となるのです。

 

精子の量

 

・ズバリ少なめに
精子のX染色体の2倍存在するY染色体、もともと数の少ないX染色体の比率アップのためにも精液は薄めにしておきましょう。

 

性行為はあっさりと

 

女性がオーガズムを感じると膣内はアルカリ性に傾きやすくなります。
よってX染色体が生き残りにくくなります、あっさりとした性交渉で女性側は気持ちよくなりすぎないのがポイントになります。

 

産み分けは確実なものではありませんが、確率を高める方法を知った今、一番大切なのはどちらの性別になっても大切な子供に変わりはありません。
その気持ちは決して忘れないでくださいね。

 

また方法を実践するためには夫婦の協力が不可欠です、どちらかの意見を一方的に押し付けることなく、しっかり話し合いましょう。
可愛い赤ちゃんを笑顔で迎えてあげましょう。